筋弛緩剤点滴事件

筋肉弛緩剤 ソマ(SOMA)
筋弛緩剤点滴事件という事件がありました。
疑わしい突然の出来事で死んだ例が仙台市のクリニックで1999年から2000まで変わるという場合、宮城は20にのしあがります発生です。
守大助(もりだいすけ、1971年4月28日に)、働き始めたとき、クリニックでケースによって働いた仲間の看護婦の、時間に同意しました。
その頃、2000年10月31日に入院して11才の女の子のために点滴静注を含有する抗生物質を与えるための処置をとりました。
しかし、状態は突然のターンをします。
それは病院と間近で逃亡した女の子を転属しました。
そして、死は人生で障害以外の脳の残り植物状態になりました。
この結果、血(そして、女の子の血を分析したこと)を集めました。
そして、筋弛緩薬の要素は見つけられました。
この女性は今に至るまでまして意識を取り戻します。
状態が突然のターンをして、重態と型をする例が顕著だったので、守が病院側を担当してある患者を疑います。
無駄を加工するために処分小屋で箱を捨てるつもりだったとき、12月4日に私有財産をするために病院に行った守は私服警官によって歓迎されました。
こういった事件があります。
これは筋弛緩剤の恐ろしさを理解できたものだと思います。