点滴事件の判決

筋肉弛緩剤 ソマ(SOMA)
逮捕の直後に調査によって犯罪を自白したが、守はその後犯罪否定のために回りました。
守は、ずっと裁判スタートの後無実を主張します。
評価が高かった守大助がサービスサイドの上で救命処置によってよく扱われるとき、起訴側を予想して、資格取得と経験適合性の年のサービスで、状態急転場面を作成して、進行中に主張した際に、不満があった。
誇り高い緊急処置を生きていて、動機として活発な部分をしたくなっていておきました。
筋弛緩薬が法律顧問を混ぜ合わせられることは容認されている事実に関して医学見解からの患者への無実による筋弛緩薬が不可能であると主張します。
そして、存在しない5人の犠牲者の状態急転が個人による意図的な犯罪によるものでないと言っている血によって、大量の筋弛緩薬は2、3日後に見つけられます。
そのうえ、犠牲者の血評価が血のすべての検体を使用したのでそれが二度と審査することができなかった状況にあったので、捜査当局に対する偽造疑いがあったと言っている無実主張を、補強しました。
2004年3月30日に、それは仙台地方裁判所の守大助のための終身刑の判断です。
弁護側が訴え法廷で確信をサポートした判断結果の証拠の重みを壊して、コンピュータ分析に法廷と静脈給送mixture.Howeverで最初の判断の時に有効性を調べることを要求するために、新しく外国の記事を提出します。